(演奏時間:4分26秒)

月 の 光 (mp3)
Claire du lune

C. ドビュッシ

 
 
 旧制富山高校で、私は理科1組に在学していた。学年末には、いつも落第しないかと戦々恐々としていた。

 同じクラスにいたY君は、私と違って本物の秀才だったが、音楽部の分野でも多才であった。当時ドイツ音楽全盛の雰囲気の中にあって、彼はフランス印象主義音楽を愛し、私にも聞けという。彼の家へお邪魔して食事をご馳走になり、夜遅くまで音楽談義に耽ったものだ。Y君のご家族から頂いた親切は、今も心に残る。そのような次第で、この曲には特に思い入れが深い。

                 次の詩は、この曲から受けた、私の心象風景である。


               
                   夜のとばりが、静かに森を包む。
                   樹の間を縫って、月影が泉を照らす。
                    さながら、水面に浮かぶ銀盤。

                  やがて夜風が、泉にさざ波を起こす。
                  月影は千々に舞い、水面を走る。
                    さながら、森の奧の舞踏会。

                  踊り疲れた月影は、深い眠りにつく。
                  風も止み、森は静寂に戻る。
                    さながら、星くずが泉の番人。



 原曲はピアノ曲。バイオリンとピアノの二重奏に編曲した。MIDI形式に直して出来上がってホームページ上で試聴したが、音源で聞くのと大分印象が違っている。

                   [ 2000年7月 音源:SC-88 Pro  編曲:Tad ]

      ( 2007.12月にmp3形式で再アップロードした。これで私がイメージしたとおりに再現されている。)