(演奏時間:3分30秒)

想 い 出 (mp3)

F.A. ドルドラ

 アメリカ軍の空襲で焼け野が原になった岐阜市内も、昭和21年になると少しずつ小売店が立ち並びだした。映画館も興行を始めだしたが、床は地面で椅子は板をベンチ風に並べただけ、背もたれなどは全くなかった。

 そんな頃に、ある方からポータブル蓄音機と、ビクターから昭和11年に発売された「家庭音楽名盤集」をお借りした。その中にこの「ドルドラ作曲:想い出」があった。むさぼるようにして、この名盤集を聴いたことを今も想い出す。その後入手した記録によると、このレコードの演奏家は「エルマン」であったらしい。

 最近では、この曲を演奏会でも電波でも聴くことはほとんどない。CD録音を探すことすら難しい。だが、私にとっては敗戦後の混乱の中での少年期を想い出させる懐かしい曲の一つである。



 ドルドラはチェコのバイオリニストで、歌劇やバイオリン協奏曲などを発表したが、現在ではこのバイオリン曲をのぞいて、全く聴かれることはない。
                      [ 2000年10月 音源:SC-88 Pro ]