(演奏時間:3分09秒)


愛のセレナーデ (mp3)

R. ドリゴ
                      
 この歌は昭和初期に音楽好きの人々の間でよく聞かれたらしい。当時音楽といえば主にクラシック曲のことで、ジャズやタンゴなどは国内の曲とともに流行歌と呼ばれていたようだ。

 しかし、クラシックは難しすぎるが、さりとて流行歌には満足できないという音楽好きに向けて、このころ「軽音楽」と呼ばれる曲がラジオで聴かれるようになった。このドリゴ作曲の「愛のセレナーデ」は軽音楽ブームにのって登場した曲の一つで、原曲名よりは「ドリゴのセレナーデ」として一般に知られている。

 私が聞き覚えたのは、おそらく昭和16-18年の間にラジオから流れるメロディーからであったのだろう。当時は小編成バンドによる演奏が普通であった。
   

 作曲者ドリゴはイタリー人で、20世紀の初めにペテルブルグのマリンスキー劇場で指揮者を務めたかたわら、歌劇・バレー音楽を作曲したが、今日では彼の器楽小品をまれに聞くのみである。

                      [ 2000年8月 音源:SC-88 Pro ]