(演奏時間:2分23秒)

愛の挨拶 (mp3)

作曲:E. エルガー

 この曲を意識して知ったのは、1980年にコロンビア社から”DENON”レーベルで発売された女性チェリスト「藤原真理」のチェロ小品集の中からである。

 藤原真理は小学生時代からチェロを始め、1978年には第6回チャイコフスキーコンクールで第2位を受賞した実力のある演奏家だ。どちらかというと小柄な彼女が、時には力強く、時には味わい深い優しさでチェロを演奏するのに惹かれて、良く彼女の演奏を聴いたものだ。

  ここで、”DENON”レーベルについて一言。
 
 音楽の録音は長い間アナログ方式のテープで録音されてきた。それを日本コロンビア社は全くの独自の技術でPCM方式の録音機を開発し、たぶん、世界で最初のPCM方式で録音されたレコードを発売した。(1970年代初期)このPCMという名称はコロンビアが(たぶん)商標登録したために他社は使用できなくなり、これに代わって”デジタル”という言葉が使われ、今日ではこれが一般化してしまった。だが日本の技術が世界のレコード録音方式を変える先鞭になったことは特筆に値するといえよう。

 エルガーという作曲家は日本では余り有名でなく、「威風堂々」という行進曲が僅かに知られる程度だ。だが彼の曲は英国では広く愛されている。

 「愛の挨拶」の原題は "Salut d'amour" とフランス語で書かれている。おしゃれな雰囲気を持つ小品で、もともと小管弦楽曲として1889年に発表されたとのことだ。

                    [ 2000年11月  音源:SC-88 Pro 編曲:Tad ]