(演奏時間:4分50秒)


"ハイケンス" のセレナーデ (mp3)

作曲: ジョニー・ハイケンス
 
 昭和16年に私は中国青島から、岐阜市に住んでいた祖父母の元で内地の学校に通学するべく移って来た。親兄弟は青島に残っていた。
 
 青島でのラジオといえば、ローカルな日本語ニュースが時報の後に流される程度で、今ではどのような番組があったのか、全く記憶がない。むしろ中国語や韓国語の放送がラジオからよく流れていたことを、おぼろげに覚えている。
                   
 日本へ来て聞いた名古屋放送局(JOCK)から流れる日本語の放送はきわめて印象的であった。朝のラジオ体操の前に流される「ラジオ体操の歌」、夕方5時に始まる「子供の時間」のテーマソングは、歌詞こそ記憶が怪しくなったが、それらのメロディーは今でも正確に記憶している。

 その様なテーマ音楽の中で、この「ハイケンスのセレナーデ」はひときわ鮮烈な記憶として残っている。この曲は昭和16年から昭和18年頃まで「前線へ送る夕べ」のテーマ音楽として放送されていた。何となくほのぼのとした暖かいメロディーと、この放送が送られる中国に私の両親や兄弟が住んでいるとの思いで、よく聞いた番組であった。

 戦争中から戦後にかけて、放送といえば日本放送協会のラジオだけであった。そのラジオ放送から、多くの歌や曲を覚えた。ラジオ朗読といって、多くの文学作品が放送された。中でも徳川無声による吉川英治の「宮本武蔵」の朗読は愛聴番組の一つであった。

 又、堀内敬三氏によるクラシック音楽番組「音楽の泉」は、シューベルトの「楽興の時」をテーマ音楽として、多くのクラシック曲を紹介してくれた。これも忘れ得ない番組である。



 ハイケンスという作曲者は、実はその国籍も特定できない不思議な作曲者である。ある本ではドイツ人といい、あるCDの解説文では英国人であるという。生年は1884年。ただし没年は不明。
  
 (ハイケンスがオランダ人であるとのご指摘をH氏から頂いた。 ここにお礼を申し上げ、訂正する。 2003.6.27)

  この曲はセレナーデであるが、曲名も歌詞もないために楽譜を一般に見ることはない。原曲はピアノ曲と言われるが、それもはっきりしない。なによりも、彼の曲はこれ以外には何も知られていない。

 その様な次第で、この曲はあるCDからメロディーを採譜して編曲したものである。誤りがあればお許し頂きたい。

                        [ 2002年3月 音源:SC-88Pro 編曲:Tad ]