(演奏時間:3分06秒)

花 の 歌  (mp3)

作曲者:グスタフ・ランゲ

 
 日本敗戦の翌年は昭和21年である。私の両親・兄弟はまだ中国から引き揚げてきておらず、私は親戚の間を転々として生き延びていた。

 その昭和21年の春、私は岐阜県那加市の親戚のお世話になっていた。この那加の近くには日本陸軍の各務原飛行場があって、そこには米国進駐軍の兵隊がおおぜい駐留していた。そして日曜日の午後には米国の従軍牧師が日本人の子供を対象に日曜学校を開いていた。

 この日曜学校では、英語の好きな青年が片言で従軍牧師の通訳となり、ピアノの好きな女学生が賛美歌を伴奏する。牧師がたまにくれるチョコレートを半ば目当てに、そして歌のある雰囲気が好きで、私はその日曜学校に暫く顔を出していた。

 その日曜学校には私より一歳年上の女学生が二人で交替に賛美歌を伴奏していた。ある日のこと、日曜学校の始まる前に、その二人の女学生がピアノである旋律を弾いていた。

 その旋律はとても美しく、面長で長髪の女学生と、やや小柄で丸顔の女学生の面影と共に、私にとって忘れることのできない想い出として長く記憶に留まっていた。しかし、その旋律の曲名はなかなか見つからなかった。

 それから約40年の後、大学のセミナー教官の叙勲記念パーティーの席上、教官のお孫さんがお祝いにピアノを演奏することになった。ピアノ演奏が始まり、最初の数小節のメロディーを 聴いて私は自分の耳を疑った。
 何とその曲は、私が40年間いつも心に留めていた、日曜学校で唯一度だけ聞いたあの旋律ではないか。

 大学時代、私は成績のよくない生徒であった。だがそのセミナー教官には本当によくご指導頂いた。戦後まもなくの貧しい生活の中、自宅にお招き頂いてご馳走になったこともある。奥様にも色々お世話になった。

 その教官のお孫さんが、私の40年間探し求めていたピアノ曲を弾いてくれたとは。

              その曲名は ランゲ作曲:「花の歌」。

 ピアノ練習曲としてしか演奏されないために、演奏会では耳にすることのない曲である。だが私にとって、この曲は忘れることのできない、想い出深い曲なのである。



 グスタフ・ランゲはドイツ人で、1889年に没している。生前、200曲を越えるピアノ曲を発表したらしいが、いま日本で演奏されるのはこの 「花の歌:Blumenlied」 のみ。

 音楽作品名辞典では 「ピアニスト。通俗的ピアノ曲を作曲」とだけ紹介されている。

                       [ 2001年10月 音源:Sc-88Pro ]