(演奏時間:3分30秒)

音 楽 玉 手 箱 (mp3)

作曲:
アナトリ・K・リャードフ

 この曲は一体いつ聞き覚えたのか、全く記憶がない。しかし最初の8小節は自分の記憶の中で忘れられないメロディの一つであった。

 今から20数年前私がオーストラリアで仕事をしていた時のこと、たまたま自動車でシドニー港の付近を走っていたところ、ラジオのFM放送からこのメロディが流れてきた。聞き耳を立てて作曲者名と曲名を覚え、レコード店を探したがとうとうオーストラリアでは見つからなかった。

 それから10数年たってようやく日本でレコードを入手できたが、考えてみるとこの曲を最初に知ってから名前を知りレコードを購入できるまでに、20年以上の時間が経過したことになる。

 この曲は原名を "Music Snuff-Box" というから、おそらくオールゴールの付いた「嗅ぎたばこ容器」のことであろう。たばこの煙から「玉手箱」を連想した和名翻訳であろうか。

   「音楽玉手箱」 とは綺麗な名前である。きらきらと輝くような旋律も美しい。

 私の記憶もレコード演奏も、この曲は木管合奏曲であった。ところが楽譜を購入してみると、この曲はピアノ曲である。しかしピアノで入力して聞いてみても、私の記憶のイメージに合わない。
 そこで一層のことオールゴール風に編曲してアップロードすることとしたが、お聞き頂いていかがだろうか。

 作曲者リヤードフは、19世紀の終わりから20世紀始めにかけて活躍したロシア人で、ロシア民謡を収集しそれに基づく作曲を数多く発表しているが、日本ではそれほど知られていないようだ。

                      [ 2002年6月 音源:MU2000 編曲:Tad ]