(演奏時間:3分40秒)

「タイス」の瞑想曲 (mp3)

作曲者:ジュール E.F.マスネー

 旧制富山高等学校に入学したのは昭和22年だった。敗戦後の混乱は多少収まってはいたものの、日本経済は窮乏のままで、生産されるものは生活に直結するものばかり、自由になったとはいえ文化活動はまだ
 緒に就いたばかりであった。

 音楽部に入部すると、そこには電蓄(電気蓄音機)とSP盤のレコードががあり、私は初めて多くのクラシック曲を心ゆくまで聴くことが出来た。

 当時のレコードは78回転のSP盤で、レコードの種類は10インチと12インチの2種類があり、演奏時間は片面がたぶん3分と5分であったように思う。40分を超えるベートーベンの第五交響曲などは4枚のレコードの裏表を掛け替えなければならないのだから、1枚ごとにレコード針を交換するなど、大曲を聴くのは中々の大仕事であった。

 従って、そのころには演奏時間が5分前後の小曲のレコードが音楽部のレコード目録に多かったように思うが、この曲もたぶんそのような目録の中から聞き覚えたのだろう。

 昭和22年頃には、日本では戦後間もなくのことでクラシック曲のレコード録音は始まったばかり、音楽部にあった大部分のレコードは戦前からの持ち越しであったのかもしれない。

 33・1/2回転のLP盤が発売されたのはたぶん昭和30年前後、更にステレオLP盤が発売されたのは昭和32年以降であったように思う。その当時のLP盤の価格は1800円ぐらいであったが、月給2万円のサラリーマンにとって、レコードを買うには一大決心が必要であった。



 マスネー(1842〜1912)はフランスのロマンチック歌劇を代表する作曲家であったが、既に近代音楽の動きのあった中で彼はどちらかというと保守派とされていたようだ。

 この曲は今日ではバイオリン協奏曲として演奏されることが多いが、もともとはアナトール・フランスの小説に基づいて作曲された歌劇「タイス」の中で演奏される管弦楽曲が原曲であるとのこと。


                       [ 2004年8月 音源:SC88Pro ]