(演奏時間:4分22秒)


チャルダシュ (MP3)

作曲:ビットリオ・モンティ

 普段は全く思い出すlこともないメロディ、だがテレビやラジオで演奏されて、「ああこれは聞いたことがある」という曲のいくつかを、誰しも持っているだろう。
 私にとって、この曲はスターカットの連続と、曲の中央部にあるハーモニックス奏法が記憶にとどまっていたものの、メロディを思い起こすことのない曲であった。私はこれまでに、この曲を2-3度聞いただけだと思う。

 6月、NHKの昼番組で、千住真理がこの曲を演奏しているのを聞いて、無性に自分で入力したくなった。早速楽譜を求めて入力を始めたが、音源にはバイオリンのハーモニックス奏法の音色がない。

 色々試して、ようやくそれらしい音色の組み合わせを見つけ、秘かにほくそ笑んでブラウザ上で試聴したが、あいにくその音色はヤマハの音源 MU2000 の固有音色で、ホームページではその音が出ない。別の音の組み合わせで間に合わせたが、ハーモニックス奏法の音色から遠いのが残念である。
            (MP3形式に切り替えたので、多少ともハーモニックスらしくなった。2008.1月)

 この曲は、演奏会で滅多に演奏されない。CDを探し求めたが、これも見あたらなかった。その様な次第で、この曲を初めて聞かれる人も多いのではないだろうか。



 チャルダシュはハンガリーの代表的な民族舞曲であるとか。ブラームスやサラサーテの曲にもこの形式が使われている。

 しかし、この作曲者はイタリー人のバイオリニスト。19世紀末から20世紀の初めにかけて活躍した。オペレッタやバレー音楽を作曲したとのことだが、この曲以外には現在殆ど知られていない。

                           [ 2002年7月 音源:MJU2000 ]