(演奏時間:3分44秒)

古風なメヌエット (mp3)

作曲: イグナチ・パデレフスキ
 旧制高等学校の服装は弊衣破帽--ぼろぼろの服に破れた帽子--が特長で、雨が降ってもマントを着たまま傘をささずに歩いたものだ。夏には学生帽の代わりに麦藁帽をかぶる人もいた。

 旧制富山高校音楽部にも、夏になると麦藁帽をかぶって颯爽と闊歩する先輩がいた。先輩は決してバンカラな人ではなかったが、夏の麦藁帽だけは欠かさずかぶっていた。先輩の演奏する楽器はバイオリンで、第一バイオリンの中堅として活躍していた。
 麦藁帽をかぶり、朴歯(ほうば)の高下駄を履き、バイオリンケースを手にして歩く先輩の姿は、当時の我々の目には颯爽として映ったのだが、今なら滑稽であろう。

 日本敗戦直後の、貧困だが孤高な学生の姿であった。

 その先輩とは同じ寮で起居し、音楽談義に耽っては時を忘れたものだ。興が高まるとバイオリンを弾いて講義を聞かされたが、その中の一曲がこのメニュエットであった。楽譜はなかったが、先輩はレコードの聞き覚えでバイオリンを弾いてくれた。

 岐阜中学出身のI先輩。10年ほど前にお目にかかったが、その後お元気であろうか。又、音楽談義を聞かせて頂きいものだ。



 この曲の作曲者、イグナチ・パデレフスキはポーランドのピアニストで、交響曲、ピアノ協奏曲、その他ピアノ曲などを作曲している。世界各地ででピアノ演奏旅行を行い、好評を博したとのこと。この曲は「演奏会用ユーモレスク」の第1曲であるが、むしろ「ト長調のメニュエット」としてよく知られている。
 なお、パデレフスキは第一次大戦後、ポーランドの首相を務め、「ピアニスト宰相」としても知られている。
                              
                     [ 2000年12月  音源:SC-88Pro  編曲Tad ]