(演奏時間:8分37秒)

波涛を越えて  (mp3)

作曲者:J.ローサス

 昭和10年代、一般家庭でクラシック曲を聴くことは殆どなかった。そうした中で、この「波涛を越えて」は、ラジオでも学校でもよく聞かれた数少ないクラシック曲の一つであった。

 私自身がこのメロディを覚えたのは小学校3年生頃のことだから、今から65年程前のことになる。多分、新しい物好きの母が買ったレコード曲の一つであったのだろう。中国、青島でのことである。

 その後、私は父方の祖父母の元で加納第一小学校へ通うこととなった。この学校で音楽の先生は、後に我々のクラス担任教師となられた安宅先生であった。

 先生は、一般小学生に和音の聞き分けを教える程の音楽熱心な方であった。ある日のこと、授業時間中にポータブル蓄音機でレコードをかけて聞かせてくれた。レコードが終わると、先生はこの曲は何かと尋ねる。「波涛を越えて」ですと答えた小学校5年生の私。「よく知っているな」と誉められててとても嬉しかった。

 安宅先生は、私が岐阜第2中学校に進学したとき、同じ中学の嘱託音楽教師として、週に1−2回、お顔を合わせることとなった。色々な曲を習ったと思うが、よく覚えているのはシューベルトの「菩提樹」である。

 大学に入り、就職してから後は、安宅先生についにお目にかかることもなかった。
 お会いしたかった、懐かしい先生のお一人である。



 この曲は古くから日本人に知られているが、その作曲者名を知る人は少ないはずである。というのも、この作曲者 「フベンティーノ・ローサス」 はメキシコ国籍のインディオで、19世紀末の短い期間(1868-94)に活躍しただけだ。

 彼はあるメキシコの楽団でバイオリンを弾きながら、かたわら通俗的舞踊曲を作曲していたという。ローサスは、まさにこの1曲だけで世界的に有名になったのである。


                      [ 2004年1月  音源:MU2000 ]