(演奏時間:8分45秒)


薔薇の騎士 ワルツ (mp3)

作曲:リヒアルト・シュトラウス
編曲:オットー・ジンガー



昭和52年から昭和58年までの6年間、私はオーストラリアのシドニーにある勤務先の現地法人会社の責任者として駐在していた。

 その当時、オーストラリアを訪れる日本人旅行者はほとんどいなかったので、イギリス的な生活を静かに楽しむことができた。

 会社までは片道で約40分の自動車通勤であったから、FM放送からのクラシック曲をいつも聴いていた。ある日のことこのFM放送から、聞き慣れないがとても美しいウインナワルツ風のピアノ曲が流れてきた。その場では曲名を聞き漏らしたので、帰宅して月刊FM誌で調べたところ、それはリヒアルト・シュトラウスのオペラ「薔薇の騎士」からのワルツであることがわかった。

 ところがどのレコードが放送されたのか、編曲者は誰なのかがとうとうわからず、その代わりにオペラ「薔薇の騎士」の全曲レコードを買い求めのだが全曲を聴くと3時間もかかるので、このレコードはどちらかというとお蔵入り状態であった。

 「薔薇の騎士」には「愛の二重唱」という、これも大変美しいメロディがある。このメロディをオーストラリア生まれのパーシー・グレインジャーがピアノ曲に編曲してレコードで発売していることが判り、シドニー市内のレコード店をかけずり回って漸く入手できた。

 日本へ帰国後、「薔薇の騎士ワルツ」のレコードかCDはないかと探していたところ、ロンドン・レーベルからアンタル・ドラティの指揮による「薔薇の騎士組曲」が発売されており、早速購入した。このCDにはワルツと二重唱が大変美しく編曲・録音されている。以来、このCDは私の愛聴盤の一つになっている。

 先日楽譜販売店に行き、駄目もとで「薔薇の騎士・ワルツ」はないかと訪ねたところピアノ譜があるとのことで早速購入し、漸く私のホームページに懐かしの曲をアップロードすることが出来た。





 このピアノ譜の編曲者は「オットー・ジンガー」ということだが、色々調べても日本では全く判らなかった。編曲譜は1911年に出版されているが、シュトラウスの原曲が1910年発表であったから、「薔薇の騎士」は当時よほど評判がよかったに違いない。

 今と違って、19世紀から20世紀初めにかけては、交響曲やオペラの演奏会に出席できるのは貴族かよほどの金持ちだけで、ピアノを何とか買える中流階層の人たちは、自宅でそれらのピアノ譜を弾いて楽しんでいたようだ。

                         [ 2004年10月 音源:MU2000 ]