(演奏時間:2分10秒)

白 鳥 (mp3)

C. サンーサーンス

 昭和21年、私は中学4年生であった。それは敗戦の翌年、ようやく多少ともましな建物が立ちだした頃で、中国から引き揚げてきた中学の4年先輩の方に偶然の機会から知遇を得て、映画に誘って頂いたり、喫茶店でご馳走になったりと、大変お世話になった。

 この先輩から、私はポータブル蓄音機とビクターの「家庭音楽名盤集」というレコードアルバムをお借りした。この当時にはクラシックレコードは殆ど発売されておらず、このアルバムに収録されている珠玉のようなクラシックのショートピースの数々を、私はむさぼるようにして何度も聴いたものだった。今日、私がクラシックを聴くようになったきっかけは、このアルバムをお借りしたことにあるといっても決して過言ではない。

 私は昭和22年4月に旧制高校に入学した。学校へ旅立つ日、先輩はわざわざ駅までお出でになり、私を見送って下さった。だが、車窓で手を振って先輩とお別れして以来、私はこの先輩にお目にかかることもなく、やがて住所不詳のまま、つい最近まで全く音信不通であった。

 その先輩ともようやく連絡が取れ、去る1月22日、52年ぶりで感激の再会を遂げた。嬉しかった。

 
大野先輩。その節は大変お世話になりました。52年前にお借りしたアルバムの中にあった、私の好きなサン・サーンスの「白鳥」を、心からの感謝の念をもって、ビオラとハープの演奏で打ち込んでお贈りします。
                   有り難うございました。

                      [ 1999年2月 音源:SC-88Pro ]