(演奏時間:7分50秒)

チゴイネルワイゼン (mp3)

作曲者:パブロ・デ・サラサーテ



 この曲を初めて聴いたのは、昭和22年に旧制富山高等学校に入学し、音楽部に入ったころであろうか。とてつもないバイオリンの技巧に驚嘆したことをかすかに想い出す。

 この曲にまつわる最大の想い出は、同級のH君がバイオリンを習い始めてから間もなく、この曲に挑戦したことだ。部室の片隅で、のこぎりの目立てさながらにこの曲の出だしを練習するのにしばらくは辟易していたが、一念を込めて練習した成果があって、しばらくすると、何とはなしに我慢が出来るようになる。そのうに聴けるようになったのだから、H君の努力・精進には恐れ入った。

 そのH君はその後チェロにも手を伸ばし、70数歳の今でも、仲間と一緒に弦楽四重奏団を結成して音楽を楽しんでいる。うらやましい限りである。



 パブロ・デ・サラサーテは西班牙に生まれた19世紀のバイオリン・ビルトゥオーソの一人で、細かい技巧で知られたとか。当時の作曲家であるサンサーンス、ラロ、ブルッフ等が、彼に協奏曲を献呈している。
 自らの演奏用に多くの小曲を作曲しているが、この「チゴイメルワイゼン」以外には余り聴くことはない。

                         [ 2004年8月 音源:SC88Pro]