(演奏時間:5分35秒)


モ ル ダ ウ (mp3)
交響詩:”わが祖国”より

作曲:ベドリッチュ・スメタナ

 自分の祖国を歌う曲があり、その曲をその国民が愛し、共に歌い、そして誇りに思う、その様な歌を持つ国を私は羨ましく思うとともに、なぜ日本には皆が愛し歌う歌がないのかと考える。


 イギリスでは、毎年夏にBBC放送局によってかの有名な”プロムス”という演奏会が8週間にわたって開催されるが、その中で9月第2週の日曜日に”Rule, Britania”(英国よ、世界を支配しよう)という曲が演奏され、このときには聴衆はあらゆる扮装を凝らし英国旗(ユニオン・ジャック)をうち振ってオーケストラと唱和する。この曲はなんと1740年に作曲されたのだそうだ。これは18世紀の英国の愛国心のかたまりの様な歌である。

 アメリカで、国歌の次に皆に愛され歌われるのは”Take me out to the Ball Game"(野球に連れて行って)という曲で、これはメジャー・リーグが日本でが放映されるようになってから、我々にもなじみのある曲となった。この曲は1908年に作曲されたというから既に100年に近い歴史がある。おそらく親子4代にわたって歌い継がれているであろう。
  
 フィンランドには、帝政ロシアの支配下にあった祖国の独立を願って、シベリウスによって作曲された”フィンランディア”がある。フィンランドが独立するまで、この曲は”フィンランディア”の曲名で演奏することをロシアは禁じていたのだそうだ。

 チェコスロバキアではスメタナによって連作交響詩”わが祖国”が作られた。この交響詩は6曲の交響詩で構成され、チェコスロバキアの自然の情景が実に美しく描写されている。
 その2番目の交響詩が”モルダウ”である。このモルダウはさらに幾つかの標題を持った曲から構成されるが、今回はその中から
       モルダウの泉、 森の狩、 農村の結婚式
を取りあげ、フルートとハープ用に編曲した。


 なぜ日本には、皆が歌える歌がないのか。国を愛し、日本文化を誇りに思う歌がなぜないのか。

 昭和28年、当時寿屋といったサントリー社の創始者である鳥井信治郎氏が新国民歌を広く公募したところ、5万編の歌詞と3千曲の歌が寄せられた。その応募作品から、山田耕筰、堀内敬三、サトー・八チロー、土岐与善麿など当時の錚々たる詩人・音楽家が構成する審査委員会により新国民歌”われら愛す”という歌が選ばれ、壽屋がスポンサーとなって、当時ようやく普及しだした民間放送でしばしば放送された。
 だがこの曲は殆ど顧みられることなく、今では忘却の彼方へ消え去った。

 私はこの曲も歌詞もたいへん優れていると思っていたので、今から10年ほど前にサントリーにお願いしてその楽譜を入手した。これは、美しい日本の自然を愛する気持ちに溢れた、本当によい歌である。
 著作権問題がなければ、私はこの曲をホームページ上で発表したいところだが、多分駄目だろう。

             
                        [ 2003年4月 音源:SC-88 Pro  ]