(演奏時間:1分05秒)

自由の歌 (mp3)

J.H.シュトゥンツ


 昭和25年4月、私は大阪大学経済学部に入学した。学舎は豊中市待兼山にあり、桜の花吹雪を浴びながら意気揚々と通学した往時を想い出す。

 入学してすぐ、音楽部を探したがあいにくなかった。そこでコーラス部に仮参加して、様子をうかがう事にした。然し、私は声域が狭いためコーラスには不適と言うことが確認されたので、自発的に退部した。(実は、悪声であったことが最大の理由であったのだ。)

 そのとき、最初に練習したのが、この「自由の歌」である。この曲は19世紀前半に J.H.Stuntzによって作曲され、日本では男性合唱曲として以前はよく歌われた。この曲は19世紀頃の学生歌で、青春を讃え、恋を歌い、正義に血潮がたぎるといった内容の歌詞が付いている。

 当時の日本では、ドイツ文化の影響が高校・大学に色濃く存在していた。この曲を聴くとき、今でも当時に見聞きした多くのドイツの学者や文化人の名前が想い出される。



 この曲の作者 「J.H. シュトゥンツ」 はドイツ人で、存命期間は(1793-1859)であるが、それ以外の経歴は、随分探した分からなかった。今ではこの曲が歌われることはないのではないか。

 原曲は男性合唱曲であるが、ここでは混声合唱曲として入力した。

                       [1999年4月 音源:SC-88Pro ]