(演奏時間:2分00秒)


 嘆きのセレナーデ
 (mp3)
 (Serenata Rimpianto)

作詞:S. Silvestri
 作曲:Enrico Toselli
 
 私たちの若い頃は、愛を捧げる歌としてのセレナーデが、ラジオなどで軽音楽としてよく聞か れたものだ。当時、この曲は「トセリのセレナーデ」とも呼ばれていた。

 軽音楽という言葉は今日では死語となり、セレナーデはクラシックに僅かに残るばかり。今の若い人たちは、夜恋人の窓辺で、ギターを弾きながら愛をささやくなどと言うまどろっこしいことはしないのであろう。

 もっとも高層マンション住まいでは、窓辺によることもできないか。



 トセッリは1883年にイタリアで生まれた。ピアニストであるが、歌劇、オペレッタなどを作曲したとのこと。だが今日では、この「嘆きのセレナーデ」以外に彼の曲を聞くことはない。

                          [ 2001年5月 音源:SC-88Pro ]