(演奏時間:3分13秒)


  トスティのセレナーデ 
(mp3)

    作曲: フランチェスコ・トスティ
    作詞: G. チェザレオ
 
 セレナーデというと、窓辺でギターを弾きながら愛をささやくというイメージが強く、クラシック曲というよりは通俗曲のイメージが強い。

 しかし、18世紀には多くのクラシック作曲家がセレナーデを作曲しており、中でもモーツアルトは「ノットゥルノ(Notturno)]まで含めると、軽く10曲以上を発表している。ベートーベンがセレナーデを作曲しているというと、まさかと思われるかもしれないが、作品番号8番及び25番の2曲があるのだ。もっとも今日では余り耳にすることはないだろうが。
 ショパンのノクターン(夜想曲)も広義にはセレナーデにはいるというと、叱られるだろうか。

 今回取り上げたセレナーデは、正真正銘の通俗的なセレナーデである。昭和30年代頃にはよくラジオで流れていたから、メロディーを聴けばあれかとうなずく人も多いはずである。

 通俗曲ではあるが、堀内敬三の訳詞は格調が高い。歌詞は省略する。

 作曲者トスティはイタリー人で、歌手兼作曲家であった。1875年にロンドンで演奏活動に成功してからは、ほとんどロンドンに定住していたとのこと。多くの歌が発表されているが、日本ではこの曲を除くとほとんど知られていない。

                         [ 2001年8月 音源:SC88Pro ]