(演奏時間:3分52秒)

聖 母 の 宝 石(mp3)
I gioielli della Madonna

作曲:
エルマンノ ヴォルフ=フェラーリ

 一度耳にすればその美しい旋律を忘れることができない「聖母の宝石」又は「マドンナの首飾り」というこの曲は、一体いつ頃から覚えたのか、記憶は全く定かでない。恐らく旧制高校生の頃、レコードかラジオで聴いたのであろう。忘れ得ぬ想い出の旋律の一つである。

 ただこの曲は、聴く程にもの悲しい思いがする。なぜかと思いつつもその理由を調べることもなく何十年が過ぎたわけだが、今回この曲をアップロードするに当たってこの曲の成立を調べてみた。
 
 この曲はナポリ地方の民話を題材とした三幕オペラ「聖母の宝石」の間奏曲である。あら筋は「思いを寄せるマリエラから、聖母像の宝石の首飾りをもってくれば結婚するといわれたジェルナロがそれを盗むが、そのことがやがて露見する。ジェルナロは罪を悔いて海に身を投げて死ぬ」というもので、ヴォルフ=フェラーリの唯一の悲劇オペラであるとのこと。
 だからこそ、聴く程にもの悲しい思いがするのであろう。

 この曲を取り上げるに当たって、最初はCDから曲をコピーしようとしたのだが、どうしてもテンポが取れない。困った末に楽譜専門店に行き、ようやくピアノ譜を見つけた。

 そのピアノ譜を見てびっくり、何と伴奏譜は8分6拍子、旋律部は大部分が4分2拍子で書かれており、同じ4分音符が旋律部と伴奏部で音の長さが違うのだ。これでは私のような素人では曲をコピーできないのも当たり前であろう。結局旋律部の譜を8分6拍子に書き直して、ようやく入力にこぎつけた。

 できあがった曲を音源で聴くと、甘美で優雅な旋律を多少なりとも再現できたと思うのだが、私のパソコンの内蔵音源で聴くと、全然印象が違ってがっくり。皆さんのパソコンではどのような音で聞こえるのだろうかと、いささか心配である。

 なおこの曲は、I さんとおっしゃる方から昔の想い出にとのご要望をいただき、アップロードした。I さんの懐かしい想い出を損なうものでなければよいのだがと念じている。



 エルマンノ ヴォルフ=フェラーリは父をドイツ人、母をイタリー人に持つイタリー人である。10曲を
 超えるオペラを作曲しているが殆ど全てが喜劇で、悲劇オペラはこの曲1曲だけとのこと。19世紀の終わりから20世紀前半にかけて、オペラの他管弦楽、協奏曲、室内楽等を作曲した。

                          [ 2004年4月  音源:SC-88Pro ]