(演奏時間:2分19秒)


 帰れソレントへ (mp3)

作曲:デ・クルティス

 この曲を、私は小学校低学年の頃から覚えていたように思う。やはり母の影響であろう。この曲の歌詞も古くから覚えていた。

 旧制富山高等学校に入学して、この曲を歌っていたところ、寮で同室の島崎先輩が俺にも教えろといわれる。楽譜もないままに、書き連ねたのが次の歌詞であった。

                   美わし海原 たわむるさざ波
                   君の声に似て わが胸をうつ
                      オレンジの園は ほのかに香りて
                      恋のそよ風は いたく身にしむ
                   別れを告げにし 君をば偲びて
                   われはただ一人 君を待ちぬ
                      帰りてよ われの元にと
                      帰れソレントへ ああ又も

                   宝みつソレント とうとき海原
                   海ゆく旅人 いかで忘れん
                      心魅すシレンは あでなる声もて
                      恋をささやきて われを誘なう
                   別れを告げにし 君をば偲びて
                   われはただ一人 君をば待ちぬ
                      帰りてよ われの元にと
                      帰れソレントへ ああ又も


 哲学好きの島崎先輩は、この後東大経済学部を経て銀行マンになられた。今はどのように暮らしておられるのであろうか。



 この曲の楽譜を探したが、あいにく手元になかった。やむを得ず、記憶を頼りに編曲したが、誤りがあることと思う。この歌詞の訳者も私の記憶に全くない。ご存じの方がおられましたらお教え下さい。

                   [ 2000年8月 音源:SC-88 Pro  編曲:Tad  ]