(演奏時間:2分51秒)


アメージング・グレース (mp3)

  (アメリカ民謡)
 

 この曲はアメリカ民謡というよりは黒人霊歌とも呼ぶべき曲であろう。その美しいメロディは古くから私の耳に響いていた。
つい最近、歌詞を書店で見かけたので早速購入し、入力した。


                Amazing grace, how sweet the sound,
                 That saved a wreck like me.
                I once was lost but now I'm found,
                Was blind but now I see.

                   アメージンググレース やさしい調べ
                   迷える時に 道を示し
                   闇夜に 光を与え
                   落ちぶれしわれを 救い給えり。


                'T was grace that taught my heart to fear,
                And grace my fears relieved.
                How precious did that grace appear,
                The hour I first believed.

                   グレースは 恐れを教え
                   グレースは 恐れよりわれを守りぬ。
                   グレースを 初めて信じ
                   グレースの ありがたさを知る。


                Through many dangers , toils and snares
                I have already come.
                'Tis grace have brought me safe thus far,
                And grace will lead me home.

                   危険、辛苦と、誘惑
                   苦難多かりし わが人生
                   今日の日まで グレースは我を守り、
                   この後も グレースは我を導かん。    [翻訳:Tad]



 私が入手した楽譜には日本語の歌詞が記載されていなかった。
 原歌詞の意味を伝えるよう、私なりに翻訳したのだが、歌える歌詞になっておらず残念だ。メロディーは純粋に美しいのだが、実は神を信じて苦しい人生を耐えようという宗教歌だ。辞書を見ると、グレースは「神の恵み」とある。だがここでは、「神」と置き換える方が相応しいように思う。


                   [ 2001年7月 音源:SC-88Pro 編曲:Tad  ]


 この曲は元々MIDIファイルでアップロードしていたが、Windows Vista で聴くと一部の音色が脱落するので、MP3形式で再度アップロードした。
                                           [2007.12.1]
 


 このページの取扱について、多くの方から異論を頂いた。その論点は次の点である。

  1.この歌詞の作者は英国人であるから、これは英国の歌とすべきであると言うこと。

      この作詞者は確かに英国人 John Newton であるが、彼が生存した時代には一般教会会衆は歌うのではなく、
      聖詩を朗唱したものらしい。
      しかし、この歌詞が歌われるようになったのは米国であるというのが多くの説である。


  2.この歌の作曲者は誰か。

      The Cowper and Newton Museum という、カウパーとニュートンの業績をたたえた記念館が英国にある。
      この二人で、有名なOlney Hymnsを共作し1779年に出版したのだ。
      Amazing Grace はこの聖詩集で初めて公に発表された。

      この記念館の公式ホームぺージに、1772年の教会の説教の壇上でニュートンがこの詩を会衆に紹介したのだが、
      彼自身はこの詩に曲を付けることをしなかった、と記している。

      この詩に曲が付けられたのはアメリカで、しかも「かわいい羊(Loving Lamb)」と いう農業歌の旋律で歌わ
      れたのだ、とこのホームページは述べている。

      インターネット上に Cyber Hymnal  という讃美歌を取り扱った英語のホームページがある。このホームペー
      ジで Amazing Grace を検索したところ、その作詞・作曲について次の通り掲載されている。

      作詞:John Newton  1779年出版の Olney Hymns に掲載されている。
      作曲:New Britain(地名であろうか)。1831年、Virginia州 Winchester で
        J.P.CarrellとD.S.Claytionによって発行された’Virgina Harmony'の中に。

        Words: John Newton, Olney Hymns (London: W. Oliver, 1779).
        Music: New Britain, in Virginia Harmony, by James P. Carrell and
             David S. Clayton  (Winchester, Virginia: 1831)

      この表現からすると、この曲が Virginia Harmony によって作曲されたとは思えない。
      おそらく「バージニア州のハーモニー(歌集)」とでも訳すべきであろう。


 以上の理由から、歌詞は兎も角、曲はバージニア州の農業歌の旋律に由来すると思い、異論は承知で「アメリカ民謡」との分類のままにする。

 作曲者を明確に証明づける資料をお持ちの方は、是非ご教示下さい。その際は、私の判断を喜んで撤回し、訂正いたします。                                                   (2006.8.21)