(演奏時間:1分45秒)

バイカル湖のほとり (mp3)

ロシア民謡

                        
 旧制富山高校に入学した昭和22年ごろ、共産主義は極めて新鮮な響きをもって、多くの日本人 を惹き付けた。その理由には、長年にわたって本を読むことすら禁止されてきた共産主義思想に対する好奇心が一挙に解放されたことが上げられよう。

 それと共に、それまで知られていなかった新しいロシア民謡やロシア歌曲が共産党系の音楽家や合唱団により紹介され、アメリカの歌とは違ったメロディがとても新鮮に感じられたものだ。
 これらの歌は広く皆に歌われ、やがて音楽喫茶で大合唱されるようになった。

  しかしその共産主義は、シベリアに長期抑留された人たちが帰国して共産主義の実体を語り出したこと、そして戦闘的共産主義者達が地下に潜入したことなどで急速にその幻影を失い、それとともにロシア民謡やロシア歌曲は歌われることが少なくなった。
 昭和30年代に入り音楽喫茶も次第に影をひそめ、グループサウンドが取って代わった。

  だが、ロシア民謡が持つ透明な音の響きは、共産主義の消長とは関係なく、心に沁みいるほど美しい。 この「バイカル湖のほとり」は昭和23年に上映されたソ連映画「シベリア物語」の主題歌として 紹介された。映画のアグファ・カラーの美しさとこのメロディの美しさは、今も心の奥深く残っている。

                    
                        [ 2001年2月 音源:SC-88 Pro 編曲:Tad