(演奏時間:2分04秒)

ミネトンカの湖畔にて  (mp3
By the Waters of Minnetonka

アメリカ原住民の民謡
 昭和22〜23年頃は、新しい歌の乏しい時代であった。特に海外からは新曲が殆ど入ってこなかった。そんな頃、たぶんラジオからであったろうが、旧制高校生の私の耳に入ってきた曲の一つがこの「ミネトンカの湖畔にて」である。この曲は昭和初期から日本でも歌われていた。
 旋律は単純で短い。だが、一度聞くと切々とした感情に胸打
たれ、哀愁の思いが心に残る曲である。

 この曲は、アメリカ原住民スー族の間で歌い継がれていた悲恋の民謡を、アメリカ人である「サーロー・リューランス」が1911年10月に採譜し、その後1912年頃に編曲し発表したところ一躍有名になり、その後いろいろな楽譜やレコードが発売されたとのことだ。

 この悲恋の愛の歌は次のような民話を元に歌われているが、この歌自体がどれほど長い間スー族の間で歌い継がれてきたのか、誰も知らないという。



  ムーン(月)部族の娘ムーン・ディア(月の鹿)はサン(太陽)部族のサン・ディア(太陽の鹿)と恋に落ちた。だがスー族の掟により、ムーン部族の娘はイーグル(鷲)部族の男と結婚せねばならなかった。恋人二人は涙ながらに遠くに逃げ、ミネトンカと呼ばれる美しい湖にたどり着いた。だが二人は、ここでもスー族の仇敵であるチッペア族に脅かされる。二人は、故郷へ戻れば仲を裂かれるので、遂にこの世に別れを告げることを決心した。彼等は湖の波間に消えた。伝説によれば、波の音は悲しみのリズムに悶え泣き、松風は彼等の悲恋の調べを震わせたとか。
  何ヶ月かの後、スー族はチッペア族をミネトンカ湖畔から掃討した。その湖畔で宿営したある夜、スー族の兵士は湖水から悲しみの歌を聞き、月の動きと共に二輪の百合が現れ天界へ上って行くのを見た。この百合こそは、ムーン・ディアとサン・ディアの魂であったのだ。



  リューランスが編曲した旋律と、スー族の民話を基にして、J.A.キャバナスが次の歌詞を作出した。静かに流れる旋律に寄り添うように詠まれた、美しい歌詞である。(大意をつかむために、つたない翻訳をお目に掛けることをお許し下さい。)

               Moon Deer           ムーン・ディアよ
               How near            あなたの清らかな心は
               Your soul divine!        いとも身近に!
               Sun Deer,            サン・ディアよ
               No fear             私の心に
               In heart of mine.        恐れはない。

               Skies blue           青空は
               O'er you            あなたの上で
               Look down in love.       愛もて見下ろす。
               Waves bright          輝く波は
               Give light            その動きとともに
               As on they move.        光を添える。

               Hear thou           聞き給え
               My vow            私の誓い
               To live to die,         死んで生きることを。
               Moon Deer,          ムーン・ディアよ
               Thee near,           あなたの身近に
               Beneath this sly.        この空の下で。

                     (中間の6行は繰り返し)


                      [2010年2月10日  音源:Roland SC-88VL]