(演奏時間:3分16秒)
 

カ タ リ ・ カ タ リ (mp3)
Core 'ngrato (Catari, catari)
                     
作曲:サルバトーレ カルディッロ
 

 昭和30年代後半から、イタリア映画が日本に数多く紹介されるようになり、それに伴ってカンツォーネがテレビでよく聞かれるようになった。この「カタリ・カタリ(原題:うす情け)」も、たぶんそのころに聞き覚えたと思う。

 昭和70年代に入り、イタリアの名テナー歌手 「ルチアーノ・パバロッティ」 がナポリ民謡のレコードを発売した。その中の1曲でこの歌がうたわれているのだが、南国の空を突き抜けるような明るいパバロッティの声に圧倒・魅了され、その後パバロッティのレコードを多く集めるようになった。

 この「カタリ・カタリ」という歌は、心変わりをした「カタリ」という女性に対する男性の失恋の歌である。「何というつれない女だ、お前は私の命を奪ってしまった」と、苦しくつらい男心を切々と歌うのだが、パバロッティの明るい声でうたう失恋の歌は、気持ちは伝わってくるのだが、悲痛感からはやや遠い。

 同じ歌を、白血病から奇跡的に回復したスペインの名テナー歌手「ホセ・カレーラス」も歌っている。カレーラスの声質はパバロッティと異なり、やや暗く、派手な感じがない。それだけに失恋による胸の痛みは、こちらの方が強く歌われているかもしれない。

 だが、どちらの歌い方が好きかと問われても、答えようがない。プラシード・ドミンゴを加えて、これら3人は20世紀後半が生んだ名テナー歌手だから。



 サルバトーレ・カルディッロについていろいろ調べたが、現在のところほとんど何も判らない。存命期間は「1874−1947」であること、イタリアのポピューラー曲の作家であること以外は、インターネット上でも判らなかった。

 ただ、この「カタリ・カタリ」を中心としたCDの販売サイトはかなりあり、クラシック歌手も歌っているせいか、彼のCDはクラシックとポピュラーの両方の分類に掲載されていた。


                      [ 2004年4月  音源:MU2000 ]