(演奏時間:3分20秒)

ロンドンデリーの歌 (mp3)
Londonderry Air

アイルランド民謡
 
 この曲は、私が旧制富山高等学校に在学中、楽譜を見て覚えた外国の歌の中の1曲である。今では、アメリカもイギリスもフランスも、家族が揃って旅行に出かけることのできる隣の国であるが、60年前にはそれらの国はまさに「外(と)つ国」であった。
音楽部の備品であるギターを学生寮に持ち込んで、つま弾きしながら覚えた曲である。

 この曲を聴いての印象は「控えめな抒情歌」であり、愛の歌ではあるが恋の歌ではない、ということであった。そのような印象を持ったのは、津川主一が紹介したこの曲の原詩が「家を離れる子に対する母親の愛」を歌ったものであったからであろう。

   (原詩)                             (訳詞:津川主一)
  My son I reared as might the brooding partridge       我が子よ 愛(いと)しの汝(なれ)を
  Rear up an eaglet fall'n from storm-struck nest;        父君の かたみとし
  My son,ah no! one captained for high conflict.        心して 慈しみつ 
  My chieftain husband's heir and his bequest!         今日まで 育て上げぬ
  No, mother's part in him did my heart treasure,        古き家を 巣立ちして
  And he would go, and I could stand alone;          今 はた 汝(なれ)はいずこ
  Ah! so, I thought, but now my heart strings measure     弱き母の 影さえも
  The love, the loss my son, my little son thou'rt gone!     雄々しき 汝(なれ)には 見えず

  I see the grey road winding, winding from me,        果てしもなき かの道の
  And thou upon them exiled, and away;           彼方(あなた)に 汝(なれ)は行き
  I turn unto the empty house thst's by me          空(むな)しき 我が家(や)を見れば
  Ah, dark this day as on Wolfe Tone's death's day!      亡き父君 思わる
  But no, no, Up from the sod beside me,           足もとの 草むらより
  Up! up, with glorious singing speeds the lark;        発(た)つは さえずる雲雀
  'Tis Wolfe Tone's spirit, his, reconcile me,          ああ 我も強く 立ちて
  And in a swordflash, gone the loneliness the dark!      我が家の 誉れを 守らん

 外国語の歌詞を日本語の歌詞として翻訳するとき必ず生ずる問題点は、原詩の内容を半分ほどに圧縮しないと翻訳歌詞がメロディーに合わないことである。津川主一の翻訳歌詞も、その意味では原詩の意をよく把握して短くまとめていると、長らく私は考えていた。
 しかし、今回「ロンドンデリーの歌」を取り上げるに当たって、原詩をよく見てみると、どうも原文が誤って引用されているように思える箇所が数カ所あるのである。(これは私の誤りかもしれないが。)下記の2歌曲集はいずれもが同じ原詩、同じ訳詞を掲載している。
  参照歌曲集  独唱名曲八十番    音楽之友社   昭和25年3月発行
         世界名歌曲全集    東京音楽書院  平成9年発行

 そこでインターネット上で「ロンドンデリーの歌」の原詩を調べて見たのだが、なんと、津川主一が引用した原詩は英語サイトでは全く見当たらないのである!

「ロンドンデリーの歌」に関する詳細な記述は「英語版ウィキペディア」に簡潔に取りまとめられているが、それによると−−
   ・このメロディーはアイルランド民謡の収集家「ジェーン・ロス女史」が採譜したものであること
   ・この旋律により歌曲として最初に歌われた歌詞は「デボージラの告白(The confess of Devorgilla)」である
   ・広く歌われている歌詞は次の2タイトルである
        「ダニーボーイ」        フレデリック・ウェザリー 作詞
        「アイリッシュ風の恋の歌」   キャサリーン・ヒンクソン 作詞
   ・その他、賛美歌として約10タイトルが紹介されている

 このウィキペディアには「My son I reared」で始まる歌詞は残念ながら見当たらず、他のサイトもいろいろ探してみたのだが日本のサイトを除くと、この歌詞を探し当てることはできなかった。
 津川主一は、いったいどこからこの原詩を引用したのであろうか。

 どなたか、津川主一が引用した「ロンドンデリーの歌」の英詩を正確にご存じの方がおられたら、その出典と共に是非ご教示下さい。

                  [2013.1月 音源:Roland SC-88VL]