(演奏時間:2分52秒)

久 し き 昔  (mp3)
Long, long ago

T.H. ベイリー


 これはなんと言うこともない曲である。今から60年前の中学生は殆ど知らないだろうが、当時の女学生であればたぶん誰もが知っている歌である。
 例によって、私の家には親戚の女学生がいつもやってきては、学校で習い覚えた歌を歌うのだ。「久しき昔」はそのような曲の中の1曲として、いつの間にか私も覚えて口ずさめるようになった。
 
 
この歌のおもしろさは、いつの間にか覚えてしまったということ以外に、幼稚なことであるが「ロング・ロング・アゴー」という原題が「ロング・ロング・あご(顎)」という語呂合わせで、何かの拍子に口をついて出るということだ。テレビもゲームもない昭和初期には、このような些細なことが笑いの種になったのだ。

 この曲の翻訳は「近藤朔風」の手になるのだが、彼の翻訳はいろいろの制限がある中で、原詩の意味や雰囲気を忠実に反映している点で優れている。

      Tell me the tales that to me were so dear,          語れ 愛(め)でし まごころ
      Long, long ago. Long, long ago.                久しき 昔の
      Sing me the songs I delighted to hear,            歌え ゆかし 調べを
      Long, long ago, long ago.                  久しき 昔の
      Now you are come, all my grief is removed,         汝(なれ) 帰りぬ ああ嬉し
      Let me forget that so long you have rov'd;          長き別れ ああ夢か
      Let me believe that you love as you lov'd,          愛(め)づる思い 変わらず
      Long, long ago, long ago.                   久しき 今も

      Do you remember the path where we met,         愛し 小径(こみち) 忘れじ
      Long, long ago. Long, long ago.               久しき 昔の
      Ah, yes, you told me you ne'er would forget,         実(げ)にも 堅き誓いを
      Long, long ago, long ago.                  久しき 昔の
      Then to all others my smiles you prefer'd,           汝が 笑まい 人にほめ
      Love, when you spoke, gave a charm to each word,     汝が 語る 愛に酔う
      Still my heart treasures the praises I heard,          優し 言葉 残れり
      Long, long ago, long ago.                   久しき 今も

      Though by your kindness my fond hopes were raised、    いよよ 燃ゆる 心や
      Long, long ago. Long, long ago.               久しき 昔の
      You by more eloquent lips have been prais'd,        語る面(おも)は ゆかしや
      Long, long ago, long ago.                  久しき 昔の
      But by long absence your truth has been tried,       長く 汝(なれ)と 別れて
      Still to your accent I listen, with pride,           いよよ 知りぬ まごころ
      Blest as I was when I sat by your side,           共に あらな 楽しや
      Long, long ago, long ago.                   久しき 今も

 近藤朔風は本名を逸五郎といい、1880年(明治13年)東京に生まれた。1901年、21歳で東京音楽学校専科に入学、その翌々年に東京音楽学校がグルックのオペラ「オルフェウス」を初演したときは、その翻訳を担当した。1907年頃から近藤朔風の名で主にクラシック歌曲の訳詞を開始し、47編の訳詞が確認されている。
 酒好きであったとかで、1915年の年明けに倒れ、肝臓炎で没した。享年僅かに35歳であった。

 なお、原曲の作者 "Thomas Haynes Bayly" は、18世紀末から19世紀初期にかけて活躍した英国の多才な詩人であったが、何百曲もの歌詞を作詞したことで、当代の名作詞家として知られたという。


                [ 2013.7月  音源:Roland SC-88VL 編曲:Tad ]