(演奏時間:2分57秒)


ローレライ
(Lorelei)

作詞:Heinrich Heine     作曲:Friedrich Silcher

 

 私が中国の青島から祖父母のもとへ一人で来たとき、直ぐ近くに二人の従姉妹が住んでいた。家が近く年齢も近かった事、何よりも従姉妹の一人は私と小学校で同級であったのでお互いによく遊びに行ったり来たりしたものだった。

 我々が小学生時代、従姉妹の姉の方は既に高等女学校に在学していて、学校で新しい歌を習うとそれを妹に教える。私の耳元では、彼女たちが歌う女学生愛唱歌がいつも鳴り響いていた。

 その女学生愛唱歌の中でこの「ローレライ」は、彼女たちがよく歌った曲の一つであった。今ではこの歌も歌われなくなったが、メロディーを聞くと少女時代を想い出す熟年女性は多いのではないだろうか。

  
                  なじかは知らねど心わびて、
                  昔の伝説(つたえ)はいとど身に沁む。
                  わびしく暮れゆくラインの流れ、
                  入り日に山々あかく映ゆる。

                  うるわし乙女の巌(いわ)に立ちて、
                  黄金の櫛とり髪の乱れを、
                  梳(と)きつつ口ずさむ歌の声の、
                  あやしきちからに魂(たま)も迷う。

                  漕ぎゆく舟人歌にあこがれ、
                  岩根も見やらで仰げばやがて、
                  浪間に沈む人も舟も
                  くすしき禍歌(まがうた)うたうローレライ。
                              (近藤朔風:訳詞)


 今年の5月、「いとこ会」を開いた。全員で8人が参加した。従姉妹の姉とは55年ぶりの再会で、顔を合わせた瞬間、懐かしさに思わず声を失った。又の機会には、色々と懐かしい歌を聞きたいものだ。

                [ 2001年6月 音源:SC-88Pro 編曲:Tad ]