(演奏時間:2分08秒)


オー シェナンドー (mp3)
原題:Oh Shenandoah

作者不明

 

 この曲は、昭和28年に公開されたアメリカ映画「ブラヴォー砦の脱出」の中で、アメリカの民謡として歌われた。そのメロディーは未だに私の耳から離れず、この曲を口ずさむとき今もその映画のかすかな想い出と、昭和28年頃の大阪の情景が頭に浮かぶ。
            
  当時、大阪市の交通機関は市内に張り巡らされた市電の交通網であった。地下鉄といえば、梅田から天王寺までの1系統だけ。しばらくしてから、トレーラー型のバスやトロリー型のバスが走行したように思う。御堂筋の両側に高層ビルはまだほとんど建っていなかった。大阪駅前は「どぶろくいちば」で、夕方になると街娼が手招きする有様。
 大阪城公園の前身は「大阪陸軍砲兵廠」であったので米軍の爆撃でさんざんに破壊され、昭和28年当時はまだその一部が廃墟の状態であった。
 だが、この頃は戦後から脱却しようとの気概で大阪市内は何処も活気に満ちていたように思う。現在の後期高齢者も当時は気鋭の青年たちだったのだ。

  閑話休題!!!

  インターネットでこの「シェナンドー」の歌詞を調べたところ、幾つものバージョンがあることを知った。それらにはシェナンドー河への想いを歌ったものや、現住アメリカン(インディアン)の酋長の娘に恋をした貿易商が片思いのまま去っていくと言う筋のもの、あるいはその娘を奪っていく筋書きのものなどがあるのだとか。

 ここでは私の好みの原歌詞を私の翻訳とともにご紹介する。
  (翻訳歌詞は何とか歌えるようにしてある。)

Oh Shenandoah, I long to hear you
Way-Hay, you rolling river
O Shenandoah, I long to hear you
Away, we're bound to go
’Cross the wide Missouri.

Oh Shenandoah, I love your daughter
Way-Hay, you rolling river
O Shenandoah, I love your daughter
Away, we're bound to go
’Cross the wide Missouri

’Tis seven long years since last I see thee
Way-Hay you rolling river
'Tis seven long years since last I see thee
Away we're bound to go
’Cross the wide Missouri

Oh, Shenandoah, I'm bound to go
Way-Hay, you rolling river
Oh, Shenandoah, I’ll not deceive you
Away we're bound to go
’Cross the wide Missouri
   
おお、シェナンドー 懐かしい
とどろく その流れ
おお シェナンドー 懐かしい
我は 旅立つ
ミズリー 越えて

おお、 シェナンドー いとしい娘(こ)よ
とどろく その流れ
おお, シェナンドー いとしい娘(こ)よ
我は 旅立つ
ミズリー 越えて

もう 7年が 過ぎ去った
とどろく その流れ
もう 7年が 過ぎ去った
我は 旅立つ
ミズリー 越えて

おお シェナンドー さようなら
とどろく その流れ
おお シェナンドー だまさないよ
我は 旅立つ
ミズリー 越えて
さて, この歌詞はシェナンドー河への想いを歌ったものだろうか、あるいは誰かの娘さんへの恋歌であろうか。掲載した歌詞は美しい.

            ( 2009.2月 音源:Roland SC-88VL 編曲:Tad)