(演奏時間:4分26秒)

故郷の人々  (mp3)
The Old Folks at Home

作曲者 : S.C. フォスター

 
 昭和20年から22年頃にかけて、我々は歌に飢えていた。そろそろ新しい流行歌は作曲されていたが、クラシック系、あるいは外国からの歌は、戦時中に敵性音楽ということで歌うことを禁止されていたので、敗戦直後は新しい楽譜はほとんど入手できず、古書として入手したフォスターの歌がとても新鮮に感じられたものだった。
 フォスターの歌は、実は明治40年頃には日本で歌われ出していたようで、私の母は幾つかのメロディを口ずさんでいたが、我々がおおっぴらにこれらの歌を歌うことが出来たのは、正に敗戦以降のことであった。

 この歌はいうまでもなく黒人奴隷を歌った曲であり、アメリカの公民権運動によって人種差別が次第に薄れた1970年代以降、フォスターの歌は余り歌われなくなったようだ。
 だが、昭和30年頃までの音楽好きの学生にとって、フォスターの歌は忘れられない、懐かしい曲なのである。

 この歌の日本語歌詞は、津川主一による名訳があるのだが、著作権の関係でここには掲載できない。原文を以下に掲げるが、相当程度にアメリカの南部訛りがある事を承知頂きたい。

         'Way down upon de Swanee ribber
            Far, far away.
         Dere's wha my heart is turning ebber
            Dere's wha de old folks stay.
         All up and down de whole creation
            Sadly I roam.
         Still longing for de old plantation
            And for de old folks at home.

               All de world am sad and dreary,
                  Ebrywhere I roam;
               Oh darkeys how my heart grows weary
                  Far from de old folks at home.


         All round de little farm I wandere'd
            When I was young,
         Den many happy days I squandere'd
            Many de song I sung.
         When I was playing wid my brudder
            Happy was I;
         Oh! take me to my kind old mudder,
            Dere let me live and die.

              All de world am sad and dreary,
                 Ebrywhere I roam;
              Oh darkeys how my heart grows weary
                 Far from de old folks at home.


        One little hut among de bushes
           One that I love
        Still sadly to my mem'ry rushes
           No matter where I rove.
        When will I see do bees humming
           All round de comb?
        When will I hear de banjo tuning
           Down in my good old home.

              All de world am sad and dreary,
                  Ebrywhere I roam;
               Oh darkeys how my heart grows weary
                  Far from de old folks at home.

                       [ 2009年 7月 音源SC-88 VL ]