(演奏時間:1分52秒)

懐かしのバージニア 
(mp3)
原題:Carry me back to old Virginny

アメリカ民謡

 昭和20年から22年頃まで、我々が声を出して歌う歌はほとんどなかった。辛うじて出版される楽譜とか歌曲集に掲載されている音楽は、古い英国民謡、シューベルトやシューマンのドイツ歌曲、そしてフォスターなどのアメリカ民謡がほとんどであった。それでも戦時中にはこれらの歌を歌うことは憚られていたから、学生時代の我々はこれらの曲を楽譜を見て覚えたものである。
 当時は今と違ってこれらのレコードもなく、ましてやCDなどはまだ存在してもいなかった。ラジオから流れるこれらの歌を、新鮮な感慨を持って聴き入ったものである。

 そうした歌の中に、ここで取り上げる「懐かしのバージニア」があった。この曲は当時でも余り歌われることのなかった曲であるが、私にはこの曲の旋律が好きでよく歌ったものであった。

 この曲は、恐らくアフリカ系米国人農夫の歌であろう。J.A.Blandによって1904年に作曲された。歌詞の概要は 「農場で主人のために毎日忙しく働いた。辛い労働の場所ではあったが、バージニアは私が生まれた土地、ここほど懐かしい場所はない。」 というしみじみとした曲である。バージニア州の州歌でもあったと聞くが、現在はどうなったであろうか。

            Carry me back to old Virginny
            There's where the cotton and the corn and tatoes grow,
            There's where the birds warble sweet in the spring time,
            There's where the old darkey's heart am long'd to go,
            There's where I labor'd so hard for old massa,
            Day after day in the field of yellow corn,
            No place on earth do I love more sincerely,
            Than old Virginny, the state where I was born.

            Carry me back to old Virginny,
            There let me live 'til I wither and decay,
            Long by the old dismal swamp have I wander'd,
            There's where this old darkey's life will pass away,
             Massa and missis have long gone before me,
            Soon we will meet on the bright and golden shore,
            There we'll be happy and free from all sorrow,
            There's where we'll meet and we'll never part no more.
            

                   [ 2008年11月 音源SC-88 VL 編曲:Tad ]