(演奏時間:2分30秒)


サンタ・ルチア (mp3)

ナポリ民謡

 

 この歌は、私の母の愛唱歌であった。おそらく、昭和10年前後に藤原義江のSPレコードで覚えたのであろう。うろ覚えの記憶からすれば私が幼稚園に入園した5歳頃のことで、母は35歳前後であったろうか。今から65年も前の話である。  
 椅子に座って編み物をしながら、口ずさんでいた母を想い出す。

 この歌には堀内敬三による名訳があるが、著作権が存続しているので残念ながら 紹介できない。)

 この歌を歌わせると、イタリーのテノール歌手であるルチアーノ・パバロッティを措いてはいないというのが私の考えである。彼の澄みきった明るい声はまさにこの歌に相応しく、南国的な雰囲気を醸し出してくれる。

                  [ 2000年7月 音源:SC-88 Pro  編曲:Tad ]