(演奏時間:2分36秒)

赤いサラファン (mp3)

 ロシア民謡
 
 昭和23年、日本がまだ米国占領下にあり食料品は全て配給であった頃、当時のソ連から第2次大戦後に製作されたソ連映画が封切られるようになった。 今記憶に残っているのは、「シベリア物語」や「石の花」など、ロシアの民話を元にした作品である。

 この「赤いサラファン」などのロシア民謡を聴くと、聊かの反米感情を持ってソ連映画を見に行った旧制富山高校の学生時代を想い出す。よく口ずさんだものであった。


 ペチカのほとりで、娘の嫁入りに備えてサラファン(ロシア民族衣装)を縫っている母親が、自分の若い頃を想い出しながら、人生は短いよと自分の経験を語りつつ、娘の幸せを願う気持ちがしみじみと歌われているとてもよい歌である。

 この美しいメロディに合わせるために和声進行には苦労したが、結果には満足している。

                     [ 2001年4月 音源:SC-88Pro 編曲:Tad ]