(演奏時間:1分23秒)

 ステンカラージン (mp3)
 
(ロシア民謡)
 
 敗戦の翌年、昭和21年になると、軍国主義に対する反動で共産主義思想や共産主義活動が活発になってきた。旧制高等学校、旧制専門学校、それに大学では民主主義学生同盟(民学同)、共産主義青年同盟(青共)や共産党の細胞がどんどん拡大してきた。

 ただこうした共産主義活動はその後次第に暴力革命的になり、遂に昭和23年には進駐軍政府によって活動停止命令が出され、共産党幹部はほぼ全員が地下に潜ってしまった。彼らの大部分は船で中国に密航し、そこから日本共産党を指導したのである。

 そのような暴力的活動を伴った共産主義運動は、歌唱活動により教育宣伝を行った。彼らの荒々しい行動とは別に、彼らの教宣活動は美しいロシア民謡や明るい労働歌を我々に聞かせてくれた。
 それらの歌は昭和30年代まで「歌声喫茶」でよく歌われたが、今では耳にすることが全くない。

 「ステンカラージン」もそのようにして紹介された曲の一つだが、メロディーは清純で美くしい。ただ、歌詞の意味と背景が私にはよく判らない。ご存じの方がおられたら、教えて頂けると有り難いのだが。

                     [ 2001年7月  音源:SC-88Pro 編曲:Tad ]



この曲の歌詞とその物語の背景について、多くの方からメールでご教示を頂いた。有り難うございました。
                                [2008.10]