(演奏時間:1分47秒)


海に来たれ (mp3)

ナポリ民謡

 

 陽光に輝く南欧イタリーは、ロシアの作曲家チャイコフスキーが避寒に是非行きたいと願った地で、彼がイタリア滞在中に見聞した民謡や軍隊ラッパの旋律は「イタリア奇想曲」に結実している。

 ここに取り上げた「海に来たれ」も、ナポリの澄み切った空と紺碧の海を反映したかのように明るいメロディーだが、実はナポリタンの恋の歌なのだ。

 この美しいメロディーを、私は旧制高校生時代、楽譜を見て覚えたように思う。
              
                  [ 2000年11月 音源:SC-88 Pro ]