(演奏時間:6分20秒)

春 の 海 (mp3)

作曲:宮城道雄
 
 宮城道雄が作曲した「春の海」は、尺八と琴の合奏曲として私の小学校時代からラジオを通じた覚えた大変懐かしい曲である。この曲は正月には欠かせない曲として、ラジオやレビで演奏されるが、曲想から考えると、この曲は題名通り「春の海」にこそふさわしいと思うがいかがであろうか。

 3部から構成されるこの曲の第1部は、春の海のゆったりした情景を彷彿とさせる。解説によれば、宮城道雄が幼時に住んでいた福山市の鞆の浦海岸にインスピレーションを得て作曲されたのだとか。この海に浮かぶ舟は、すべからくゆったりと櫓を漕いで進んでほしいもの、なにやら海鳥の鳴き声が聞こえるようにも感じられる。

 第2部は砂浜に打ち寄せる波しぶきの情景を描写したのだろうか。子供たちが波打ち際で嬉々として遊んでいるのだろう。やがて砂浜の日だまりに子供達は集まり、楽しげに話に夢中になっているようだ。

 第3部では、又第1部の旋律が戻ってくる。頃合いは夕方近くか。子供たちは家に帰り、砂浜では駘蕩として打ち寄せる波の音が聞こえるだけ。やがて夕霞がかかりだして、景色はうす紫色につつまれる。

 穏やかな春の海辺の一日。



 宮城道雄は明治21年(1894)に兵庫県に生まれた。幼くして失明したが、早くに箏曲を学び、11歳にして免許皆伝を得た。
彼の作曲にはどことなくクラシック曲の息吹が感じられる。
 昭和31年(1956)に、宮城道雄は寝台列車から転落して死去した。私はそのニュースを聞いてショックを受けたことを微かに記憶している。



 この曲は、千葉県にご在住のN様のご好意でアップロードすることができた。N様は中学時代の音楽教師から頂いた「春の海」のフルート・ピアノ二重奏曲の楽譜を、わざわざ浄書して私に提供して頂いた。有り難く、厚くお礼申し上げる。
 ピアノパートをハープの音色で表現したが、N様のご期待に添えているだろうか。

                      [2011.1月 音源:Roland SC-88Pro]