(演奏時間:1分43秒)

赤 い 靴(mp3)
童 謡

作詞:野口雨情   作曲:本居長世
大正10年発表
 
 
 野口雨情と本居長世の二人は、異国情緒と不安な子供心を題材にした童謡を数曲発表している。その童謡の醸し出す雰囲気は、ひょっとするとそれを歌う子供より親の方に好まれていたのかもしれない。
 70歳以上の我々が幼い頃、この歌をレコードやラジオでよく聞かされ、覚えたものだ。

                  赤い靴 はいてた 女の子
                  異人さんに つれられて 行っちゃった

                  横浜の 埠頭(はとば)から 船に乗って
                  異人さんに つれられて 行っちゃった

                  今では 青い目に なっちゃって
                  異人さんの お国に いるんだろう

                  赤い靴 見るたび 考える
                  異人さんに 逢うたび 考える

 幼い頃にはこの童謡の持つ異国情緒と不安さを、深く感じたことはなかった。ただ、何となく淋しさを感じさせられる歌として、記憶に残っている。

                   [ 2000年9月記 音源:SC99VL 編曲:Tad ]