(演奏時間:2分18秒)

か な り や(mp3)
童 謡

作詞:西条八十     作曲:成田為三
大正8年5月発表
 
 
 文語体で訓話調の唱歌ではなく、芸術性の高い歌を子供に歌わせたいと、鈴木三重吉は童謡の専門誌「赤い鳥」を大正7年に創刊した。
 三重吉は、童謡として子供に歌ってもらう第1号の作詞を、かねてからその才能に注目していた西条八十に自ら出向いて依頼したのだ。

 西条八十は裕福な家に生まれたのだが、兄の放蕩で親の遺産は処分され、自らは詩作を断念し株の仲買人などで生計を支えていたところ。三重吉の熱心な童謡作詞依頼に心を動かされ「かなりや」を作詞し、大正7年に創刊後間もない「赤い鳥」に発表した。
 三重吉はその「かなりや」の作曲を成田為三に依頼し、翌年の大正8年5月の「赤い鳥」に楽譜が掲載された。

 この「かなりや」こそまさに最初の童謡であった。この歌が広く歌われるようになって、子供が歌う歌のイメージは大きく変わった。「かなりや」の出現は詩壇・音楽界に多大な影響を及ぼし、この後、多くの詩人・曲家によって数多くの童謡が発表された。童謡・童話にかかわる雑誌も数誌が発行された。童謡は、大正デモクラシーが大正・昭和初期の児童に贈った新しい文芸・音楽文化であった。

 忘れてならないことは、この「かなりや」は西条八十の詩人としての再起に大きく寄与したことである。後に八十はその当時を振り返って、自分自身こそが「唄を忘れたかなりや」であったと語っている。 もし三重吉からの童謡作詞の依頼がなければ、その後の八十の詩作活動はあるいは別の道をたどっていたかもしれないのだ。

 (「かなりや」の歌詞は、大変残念であるが、著作権が存続しているのでここには掲載できない。)
  


 私の長兄は大正12年に生まれた。歌が好きであった母は、できて間のない「かなりや」を歌って長兄をあやしたことであろう。私も、母がこの歌を歌ってくれたことをかすかに覚えている。

              「かなりや」が発表されてから、今年は86年目となった。
              だが、今はこの歌を知らない人が多いのではないだろうか。


                   [ 2004年6月  音源:SC-88 Pro 編曲:Tad ]