(演奏時間:1分31秒)

猫ふんじゃった(mp3)

作曲者 不詳
 
 
             猫オルガン


 昭和16年、中国青島から岐阜の祖父母の下で生活するようになり、私は岐阜市加納第1小学校に編入された。私の配属された組は当時としては珍しい男女組だった。休憩時間に女の子がオルガンで弾く軽快なメロディに関心を持ち、見よう見まねで覚えたのがこの「猫ふんじゃった」であった。
 当時は音楽好きの子供たちが、誰かがオルガンを弾くのを見よう見まねで覚えるだけで、楽譜を見てこの曲を覚えることは全くなかった。

 小学校卒業後この曲を弾くのはいささか照れくさくて、私は人前で弾いた記憶はほとんどないが、そのメロディと簡単な和音は何時までも記憶に残っていた。


 今回、その記憶を頼りに楽譜をおこした後、インターネットで楽譜を調べてみたところ、「猫ふんじゃった資料室」という大変真剣にこの曲を取り上げておられるウェブサイトにこの曲の一部が掲載されており、それと見比べるとほとんど同じメロディであることが確認できて、一安心。
 子供の頃の記憶が唯一のたよりで、それが60年前も今もほぼ同じメロディで弾かれていたことに、とても感動した。

 なぜこの曲は、半世紀を超えて子供に好かれるのだろうか?メロディが美しいからか。楽譜がなくても、簡単に両手で和音のある演奏が出来るからか。左手が右手を飛び越えて演奏するからか。これらのことが簡単に覚えられるほど、曲が短いからか。たぶん、その全部であろう。


 何年か前に、この曲の由来や曲名を世界的な規模で調べた番組がテレビで放映されたように思う。その記録をインターネットで調べたが、結局見あたらなかった。

 しかし「猫ふんじゃった資料室」というウェブサイトがこの曲の由来や各国における曲名などを克明に調べておられ、大変興味深かった。このメロディは世界中の子供に弾き継がれている名曲のようだ。


 この曲に歌詞はないものと思っていたところ、「野ばら社」発行の童謡集に歌詞が掲載されておりびっくりした。この歌詞はJASRACに訳詞と言うことで信託されている。

 またこの曲の題名は昔は「猫死んじゃった」と呼ばれていたと掲載しているウェブサイトがあるが、60年前の私の小学校では一度もそのように呼んだことはない。どの地方でそのように呼ばれていたのだろうか。

 足踏みオルガンを何十台も集めて、半世紀前の小学生OB・OGによる「猫ふんじゃった」大合奏という アイデアを夢見てみた。しかし、足踏みオルガンのない今、これはとても実現不可能であろう。
 それを夢見たくなるほど、懐かしい想い出の曲である。

                   [ 2004年6月 音源:SC88Pro 編曲:Tad ]


               私の  「ねこふんじゃった由来記」 へどうぞ