(演奏時間:0分51秒)

どこかで春が (mp3)
童謡
 
作詩:百田宗治   作曲:草川 信
 
   この歌は大正12年に作られたから、約78年前のことになる。

 大正デモクラシーの時代に、新進気鋭の詩人・音楽家が日本の児童に対して真剣に数多くの童謡を作った。芸術性に優れ、しかも日本文化に根ざしたそれらの童謡は、ながらく子供達に歌い継がれたばかりか、芸術家が演奏会で発表することもしばしばであった。
 
 この時代に作られた童謡には季節感があふれる。この歌を歌い育った我々には、四季の到来とともに幼い頃に覚えた童謡の数々が、幾つも口をついて出てくる。
 これらの曲が児童達の間で、これからも永く歌い継がれることを望みたい。

                      どこかで「春」が
                      生まれてる、
                      どこかで水が
                      流れ出す。

                      どこかで雲雀(ひばり)が
                      啼いている、
                      どこかで芽の出る
                      音がする。

                      山の三月
                      東風(こち)吹いて、
                      どこかで「春」が
                      生まれてる。



                   [2002年4月 音源:SC-88 Pro  編曲:Tad ]