(演奏時間:2分00秒)

浜 辺 の 歌 (mp3)
 
作詩:林 古渓   作曲:成田為三
 
 このメロディーをいつ覚えたのか、はっきりとした記憶はない。学校で習った記憶もなく、おそらくはラジオから流れてきたメロディーから聞き覚えたのであろう。
  
 しみじみとした清純な曲想は今聞いても懐かしく、青春時代を想い出させる。

  
                   あした浜辺をさまよえば
                   昔のことぞしのばるる
                   風の音よ 雲のさまよ
                   よする波も かいの色も

                       ゆうべ浜辺をもとおれば
                       昔の人ぞしのばるる
                       寄する波よ かえす波よ
                       月の色も 星の影も

                   はや忽ち波を吹き
                   赤裳のすそぞぬれひじし
                   やみし我は すでにいえて
                   浜辺の真砂 まなごいまは

 なお、この曲は成田為三が東京音楽学校在学中に作曲したものであるとのこと、おそらく大正時代の中頃のことであろう。

                      [ 2001年5月 音源:SC-88Pro ]