(演奏時間:2分11秒)

花 (mp3)
 
作詩:武島羽衣   作曲:瀧 廉太郎
 
 40年前、高等女学校に通学した人なら、誰でもこの歌を覚えているであろう。それほど、この曲は広く歌われた名曲であり、春になると我々世代の誰しもこの旋律を想い出す。私は、この曲を女学校に通っていた二人の従姉妹が合唱していたのを聞き覚えた。

       (歌詞は著作権が存続しているので残念ながら紹介できない。)

 春になっても、この歌を聞くことが少なくなったのは残念である。
 
 中国の音楽家が日本の童謡などを聴き、しみじみとその美しさに打たれ、わざわざ日本に来て日本人と結婚し、日本の歌曲や童謡を中国語に翻訳して日本で歌っている。その中国語で歌われる日本の童謡を、日本人が日本で聴いて改めて日本の歌曲や童謡の美しさを再認識しているとか。

  何故、今の学校は日本の名曲を生徒に教えないのだろうか。
 (教育芸術社発行の中学校音楽教科書には採用されているので、このコメントは訂正する。)

                      [ 2001年3月 音源:SC-88Pro ]