(演奏時間:1分13秒)

春 の 唄 (mp3)
 国民歌謡

作詩:喜志邦三   作曲:内田 元
 
 第2次世界大戦前、今のNHKが日本放送協会と呼ばれていた頃、その日本放送協会は日本のの文化活動に大きな影響を及ぼす唯一の電波媒体であった。協会は音楽文化にも大きな影響力を持ち、昭和12年頃から「国民歌謡」と呼ぶ新曲を次々に発表し、ラジオで流した。

 この「春の唄」は昭和12年頃に発表された国民歌謡の一つであるが、明るく軽快なメロディーが好まれて広く歌われ、戦後も長らく春になるとこのメロディーがラジオ・テレビで聞かれたものだ。
                   
 いかにも春の喜びを思わせるこのメロディーも、いつしか全く聞かれなくなった。

                     [ 2001年4月 音源:SC-88Pro ]