(演奏時間:1分25秒)

うれしいひな祭り
三角をクリックして

演奏を始めて下さい。
  


(演奏時間:1分38秒)

花嫁人形

人形の童謡2曲(mp3)


 6人兄弟の我が家で、女の子は妹一人であった。その妹のために3月3日にはひな人形が飾られていたように思うが、家族が敗戦により中国から引き揚げてきた後は人形どころでない生活の毎日であったから、ひな祭りの想い出はあまり鮮明ではない。

 童謡の中からひな祭りの歌を探してみると、実はこの曲1曲しか見あたらない。もっとはっきり言うと、岩波文庫の「日本童謡集」には1曲も見あたらず、野薔薇社から出ている「童謡」集にこの曲が掲載されているだけである。

 歌詞ではひな祭りを喜ぶ子供の姿が歌われているが、曲は淋しい雰囲気である。その点は花嫁人形も同様である。1曲だけではひな祭りが淋しいので、「花嫁人形」を同時に掲載することにした。
 幼い頃ひな祭りを祝ってもらった私の妹は、今年、69才になった。


        うれしいひな祭り                   花嫁人形

    作詞:山野三郎    作曲:河村光陽           作詞:蕗谷虹児    作曲:杉山はせお
          (昭和11年 作詞)                    (大正11年 作詞)
 

      あかりをつけましょ  ぼんぼりに
      お花をあげましょ  桃の花
      五人ばやしの  笛太鼓                   この花嫁人形の歌詞は著作権
      今日はたのしい  ひな祭り                 が存続しているので、残念な
                                    がら割愛せざるを得ない。
      お内裏様と  おひな様
      二人ならんで  すまし顔
      お嫁にいらした  姉様に
      よく似た官女の  白い顔

      金のびょうぶに  うつる灯を
      かすかにゆする  春の風
      すこし白酒  めされたか
      あかいお顔の  右大臣

      着物をきかえて  帯しめて
      今日はわたしも  はれ姿
      春のやよいの  このよき日
      なによりうれしい  ひな祭り

                (2004年3月  音源:Roland SC88 VL 編曲:Tad)