(演奏時間:1分03秒)

十五夜お月さん (mp3)
童謡
 
作詩:野口雨情   作曲:本居長世
大正9年9月発表


 この歌を歌うと、幼い頃に感じた淋しさと不安さが今でも想い出される。それはなぜかと後になって考えたが、結局のところ、2番の「妹は田舎に貰われて行きました」の歌詞に原因があるように思われる。

 私たちの幼い頃は、子供が「人さらい」にさらわれてサーカスに売られると、とんでもない話がまことしやかに子供達の間で語られたものだ。
 一家の子供の数が多いので、貰われて行くのは珍しいことではなかった。ばあやが田舎に帰るのも経験したことであった。

                   十五夜お月さん ご機嫌さん
                   婆やは お暇(いとま) とりました

                   十五夜お月さん 妹は
                   田舎へ 貰(も)られて ゆきました

                   十五夜お月さん 母さんに
                   も一度 わたしは 逢いたいな

 最後の一節は決定的に淋しい。ここを歌って母親の方を振り返ったことが何度あったか。

                   [ 2000年9月 音源:Sc-88 Pro  編曲:Tad ]