(演奏時間:1分38秒)

孝女「白菊」 (mp3)

作詩:落合直文   作曲:不 明


 この曲の歌詞は、落合直文が明治21年に発表した物語詩「孝女白菊」そのもので、全編は三章に別れ、552節からなる長編詩である。この詩が発表されるやたちまち世人の愛誦するところとなり、さらにこの詩に曲が付けられるなど、当時一世を風靡したとのことだ。

 この詩のごく一部を以下に紹介する。

                 阿蘇の山里秋深けて
                   眺め(ながめ)寂しき夕まぐれ
                 いずこの寺の鐘ならむ
                   諸行無常と告げわたる。
                 折しも一人門に出て
                   父を待つなる少女あり
                 年は十四の春浅く
                   色香ふくめるその様は
                 梅か桜か分かねども
                   末頼もしく見えにけり。

 この詩を二節ずつ、今流れている旋律に合わせて歌うのである。旋律そのものは単調でるから、もっぱら詩そのものを楽しんで歌われたのであろうか。

 ところでこの歌の作曲者は、今日、全く知られていない。楽譜は昭和6年に春秋社から発行された世界音楽全集第19巻「流行歌編」に掲載されている。この口伝で残っていた旋律を、昭和期の大音楽家であった堀内敬三氏が採譜し、伴奏を日本風及び西洋風にピアノ曲として編曲し、発表された。

 その原譜に基づいて私が、和風の箇所を尺八と琴、洋風の箇所を弦楽四重奏曲風に編曲した。

 なおこの全集の分類では、この曲は流行歌に分類されている。流行歌という言葉自体がいまでは死語となっているので、一応、日本歌曲の区分に入れた。

                 [ 2000年4月 音源:SC-88 VL ]



 この音楽全集は、物語詩「孝女白菊」の原文をご提供いただいた吉村陸太郎氏のお母上の蔵書であり、吉村氏のご厚意により拝借し、掲載することができた。ここに吉村氏に厚くお礼申し上げる。