(演奏時間:1分15秒)

さ く ら (mp3)

日本民謡


 この唄は江戸時代に歌われたらしく、明治11年に音楽取調掛(元東京音楽学校)が箏曲集を編纂した際に編詩・編曲したものといわれ、最初は唱歌として歌われたものではなかったようだ。
 その時の歌詞は次の通りで、長い間この歌詞が歌われてきた。

                      さくら さくら
                      やよいの空は 見わたすかぎり
                      かすみか雲か 匂いぞいづる
                      いざや いざや 見にゆかん

 昭和16年、「ウタノホン」に掲載されるに当たって、次の通り歌詞の一部が改められた。

                      さくら さくら
                      野山も里も 見わたす限り
                      かすみか雲か 朝日ににおう
                      さくら さくら 花ざかり

 この曲を山田耕筰は琴による演奏をイメージしつつ編曲した。素晴らしい「さくら」である。
                                         
                      [ 2001年4月 音源:SC-88Pro ]