(演奏時間:2分07秒)

早 春 賦 (mp3)

作詞:吉丸一昌   作曲:中田 章

 日本には変化に富んだ美しい四季がある。そして日本人は長らく四季折々に詩を作り歌を歌ってきた。我々は幼稚園、小学校および中学校の低学年時代に、音楽の時間にはこれら の歌を習い歌ってきた。

 今でもそのような歌を歌うと日本の四季の豊かさを感ずるとともに、幼かった日々のことが想い出される。

                     春は名のみの  風の寒さや
                     谷のうぐいす   歌は思えど
                     ときにあらずと  声もたてず
                     ときにあらずと  声もたてず

                     氷とけさり    あしはつのぐむ
                     さては時ぞと  思うあやにく
                     今日も きのうも  雪の空
                     今日も きのうも  雪の空

 この歌の歌詞は、幼い頃長らく意味がよく判らなかった。だが繰り返し歌うにつうれ、その意味を理解でき、日本語文語の美しさを感ずることができるようになった。

 早春の頃、まるで角が生えるかのように葦の芽が成長してくる。「つのぐむ」とは葦の芽の成長を見た人にとっては、なんと美しい表現かと感心させられることだろう。

 今の日本には、四季折々の歌を、テレビでもラジオでも聞くことがなくなってしまった。

                      [ 2001年3月 音源:SC-88 VL]