(演奏時間:1分59秒)

梅が枝に---催馬楽(さいばら)より
古い、ふるーいお話

  1946年(昭和21年)、私が中学4年生のの時、ある友人の家で次のような日本の古謡を見つけた。なぜかこの古謡の持つ情景に惹かれ、私はその晩は友人宅に泊まり、メロディーを付けたのがこの曲である。そのメロディーを実に半世紀ぶりに編曲した。

                           梅が枝に

                   梅が枝(え)に来(き)いる  鶯(うぐいす)や
                   春かけて はれ
                   春かけて鳴けども いまだや雪は降りつつ
                   あはれ そこよしや 雪は降りつつ

 実はこの古謡の原典は、未だに確認できていない。私の古い記憶によれば、これは9世紀頃の日本の民謡である「催馬楽(さいばら)」の一つであったように思う。
 鍋島家本「催馬楽」の中に「梅枝」があることははっきりしているので、多分、これであろう。

 それにしても、古い、ふるーいお話である。

                   [1998年2月 音源:SC-88Pro 作曲:Tad ]