(演奏時間:1分54秒)

宵 待 草
流行歌

作詞者:竹久夢二   作曲者:多 忠亮


 この曲を一体いつ覚えたのだろうか、全く記憶がない。おそらく中学生時代に私の従兄が口ずさんでいるのを聞き覚えたのだろう。

 メロディも歌詞もいかにもセンチメンタルで、私はこの曲を流行歌として低く見ていたように思う。

 第二次世界大戦後、数多くの流行歌が歌われた。その流行歌はいつしか演歌に代わり、その演歌も若い人には歌われなくなって、クラシックでない音楽の分野はもはやフォローしきれないほど、範囲が広がってしまった。

 今の若い人の音楽の特長は、リズムと跳躍の甚だしいメロディー・ライン、そして大音響である。身体をリズムに合わせ、大音響に埋没して音楽にのるのであれば、それなりに楽しいであろう。

 しかし、彼らが60-70歳になったとき、この音楽に郷愁を感ずるのであろうか。リズムとメロディーと音響に身体がついて行かなくなるだろう。
 その時には何が歌われるのだろうか。

 案外近い将来に、メロディ中心の音楽に回帰する時代が来るかもしれない。

 かつて低く見ていた流行歌の中に、心惹かれるいくつかのメロディを見出すようになった。「宵待草」はそのような曲の一つである。

                       まてどくらせどこぬひとを
                       宵待草のやるせなさ

                       こよいは月もでぬそうな。

                   [ 2000年5月 音源:SC-88 Pro 編曲:Tad ]