(演奏時間:1分53秒)

揺籃(ゆりかご)のうた(mp3)
童 謡

作詞者:北原白秋   作曲者:草川 信


 この歌は大正10年8月に北原白秋が作詞し、大正11年6月に草川信が作曲したと伝えられている。おそらく、大正期に最初に作られた子守歌で、その後も童謡調の子守歌は殆ど作られていないようだ。

 私はこの歌を昭和12年頃に家にあったレコードで覚えたような気がする。あるいは私の弟妹は母親からこの歌を子守歌として聞いていたかもしれない。


                    揺籃(ゆりかご)のうたを
                    カナリヤが歌う よ
                       ねんねこ ねんねこ
                       ねんねこ よ

                    揺籃のうえに
                    枇杷(びわ)の実が揺れる よ
                       ねんねこ ねんねこ
                       ねんねこ よ

                    揺籃のつなを
                    木ねずみが揺する よ
                       ねんねこ ねんねこ
                       ねんねこ よ

                    揺籃のゆめに
                    黄色い月がかかる よ
                       ねんねこ ねんねこ
                       ねんねこ よ

 歌詞の中に「カナリヤ」が出てくるが、当時カナリヤは裕福な家庭で飼われることが多かった。童謡の中に「歌を忘れたカナリヤ」があったことも記憶している。その楽譜を探しているがまだ見当たらない。そのうちに、記憶を辿って取りあげてみたいとも考えている。歌詞に出てくる「木ねずみ」とは「リス」のこととか。

 白秋好みの美しい詩を、草川がこれまた美しいメロディで童謡に仕上げた。
 この歌を聞きながらまどろみに入れたら、どれほど素晴らしいことか。

                   [ 2002年5月 音源:SC88Pro  編曲:Tad]